080-8849-1449

ブログ

2018/10/27(土)

【バレーボールやってる人へ】肩の中が痛い時のストレッチ

カテゴリー:スポーツ, 健康, 運動

 

バレーボールで肩が痛い。横浜市鶴見区の肩の痛み専門の合縁整体院 とらのこ

バレーボールで肩の中が痛い時は。

from 稲田堤のカフェより

 

横浜市鶴見区の肩の痛み専門の合縁整体院ーあいえんー。

 

院長の遠藤です。ブログへの訪問有難う御座います。

 

 

世界バレーの賑わいはおさまりましたが、、本日は、バレーボール特集です。

 

バレーボールをしていて肩が痛くなる あなたに効果実証済みの情報をお届けします。

 

今回は、バレーボールの競技やスポーツに関わってる人向けのお話しなので、

 

専門的な話しになりますので、 興味のない人は今すぐ消してください。

 

 

 

バレーボールで肩が痛くなるのは、多いです。

 

現にトップで活躍している選手でも、肩が痛いと言います。

 

そしてポジションごとに痛め方は違います!

 

 

大きく3つに分けます。

 

1、アタッカー。「スパイクを打つ人。レフト、センター、ライト」

 

2、セッター。 「トスを上げる専門の人。あまりスパイクは打たない」

 

3、リベロ。  「レシーブ専門の人。スパイクやサーブは打たない」

 

 

1番のアタッカーで肩が痛いのは、肩を回すので、痛くなりそうなのは、イメージが湧くと思います。

では、2、3番は???

 

スパイクのようなことは、ほとんどやりません。なのに、肩が痛くなるのです。

 

 

ですので、痛くなるプロセスと原因が違うのです。

 

 

ですので、今回の動画は主に1番の人向けです。

 

2番、3番の人は、全く関係ないわけではないですが、少しだけ使えます。笑。

 

 

そして痛くなる所も様々ですが、

 

インナーマッスルの一つを使って伸ばす方法をお伝えします。

 

ぜひ動画をご覧ください。

猫背や巻き肩の人はやりにくと思いますが、それが問題ですからね!!!

 

まずは、実践、実践です。

最初に動かしての違和感を感じてください。→その後、ストレッチ実践→ 再度、動かしを確認してみてください。

 

 

伸びと変化を感じましたか?

 

正直、大きく身体を捻った時のような筋肉の伸びは感じにくいと思いますが、確実に伸びてます。

 

ただ弱点は、短期的なものなので、持続性はありません。

 

そして、痛くなるフォームや打ちすぎや、ボールの軌道などもあるので、

 

これで全て解決したわけではありません。

 

まずは、ストレッチを実践してみてください。

 

それでも治らなくて困っている方。

横浜、鶴見、川崎、都内で、バレーボールをしていて肩が痛くて困っている方は是非 お電話ください。

 

080−8849−1449

合縁整体院ーあいえんー

「ブログを見たと言っていただけるとスムーズです」

 

 

その他、毎回YouTubeで情報を配信してますので、見逃しのないようにチャンネル登録をしてください。

チャンネル登録はこちら!

 

 

その他、ご質問がありましたら 問い合わせください。

 

 

 

まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため1日1名様限定

診察予約は今すぐお電話で

080-8849-1449

【受付時間】9時〜22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。