fbpx
080-8849-1449

ブログ

2018/06/01(金)

バレー部は猫背だから肩が痛む!

カテゴリー:スポーツ, 健康, 運動

 

バレー部は猫背であるから肩が痛む! 横浜市鶴見区の合縁整体院

バレー部は猫背だから肩だ痛む!

from鶴見のスタバから

横浜市鶴見区の肩の痛み専門の合縁整体院ーあいえんー

院長の遠藤純です。

今日もブログへの訪問有難う御座います。

本日は、私の偏見かもしれませんが、

バレーをやってる人は猫背が多い!!実は私もその一人です。

なので、猫背がどう体に影響するか知ってください。

そこで今回は猫背でバレーをやると肩が痛くてお困りのあなたに

効果実証済みの情報やアイディアをお伝えします。

猫背はバレー選手の職業病?

 

バレーボールはボールを床に落とさないようにレシーブします。

その際に体を丸めていると、頭と床の距離が短くなるので、

ボールの下に潜ってレジーブがしやすくなります。

もちろん、膝の曲げや股関節を充分に曲げて構えますが、

背中を曲げていることの方が多いと思います。

同じ体育館競技のバスケットボールのディフェンスは背中を伸ばします。

比較するとバレーの方が猫背率は高い気がします!

では、猫背の何が悪い???

 

 

猫背の人も、そうでない人も、実際にやっていただきたいのが、

背中を思いっきり曲げて猫背姿勢をとってください。

そのまま腕をバンザイをしてみてください。

腕は上がらないと思います。

今度は、体を起こして真っ直ぐ正しい姿勢をとってバンザイしてください。

さっきより腕が上がりませんか?

そうなんです!!!

猫背だと肩の可動域が下がるのです。

猫背の人は、いつだって猫背。

 

猫背の人は普段も猫背であることが多いです。

そして、その原因は手にあります。

スパイクの時や仕事でPCをやってる時、自転車を乗る時

いつだって手の平が床方向に向いています。

この方向は運動連鎖的に

肩が内巻きになり猫背を助長させます。

そんな猫背さんが、スパイクを打つ時だけ体を伸ばしても

日頃の癖で体に刷り込まれているので、肩の負担がかかります。

 

 

今すぐやっていただきたいのは、腕を外側に捻る習慣をつけてください。

動画でも お話ししてますが、腕を外側に捻ってください。

できるならスパイクのフォームで腕を振り上げた位置や

ボールがインパクトする位置

振り抜いた位置や2段トスを打つ位置など

いろんな角度でやってください。

大切なのは習慣です。

一回やったから良くなるものではありません。

毎日頑張ってください。

長文をお読み頂いて有難う御座いました。

これを見ているあなたは本気だと思います。

本気で体の痛みをなんとかしたいあなたは、

横浜市 鶴見区の 肩の痛み専門整体の

合縁整体院ーあいえんーにご連絡ください。

080−8849−1449

ほかにもYouTubeのチャンネル登録をして情報を得てください。

登録はこちら!

 

 

 

 

まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため1日1名様限定

診察予約は今すぐお電話で

080-8849-1449

【受付時間】9時〜22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。